キーワード検索

QRcode

スマホで見る!

QRコードを読み取るとスマホでもご利用いただけます。

2017/09/07 08:54
動物病院 | うさぎハムスターフェレット

MAUペットクリニック

〒 062-0936 北海道札幌市豊平区平岸6条14丁目1-2
tel 011-822-2211 電話をかける

安心して動物たちと暮らせる環境となるよう努力していきます。

  • 入院施設:通常の犬舎に加え、大型犬もゆったり入れる大型犬舎も設置。猫用の入院室も完備しています。

  • 診察室・処置室:デジタルレントゲンがシームレスに表示される診察室。スタッフのワーキングスペースを十分に取った処置室。

  • 検査・治療・手術:最新のICUユニットや各種検査機器を備え、適切な治療にあたることが出来ます。CO2レーザーメスなど種々の設備を備え、患者さんの負担を最小限に抑えた手術を行います。

  • 手術用シーリングシステムFORCETRIAD導入

  • QRコードでHPにアクセス:http://mau-pet-clinic.com/

私共は平成7年(1995年) 豊平区平岸の通称"高台地区"で診療を始めました。
地域に根付いた一次病院として内科外科など一般診療を行うと同時に、より専門的な医療を提供することを目指しています。
なかでも皮膚科領域では、二次診療を提供できる病院を目指し、開業時から力を注いできました。
日本皮膚科学会 第一回認定医の取得し、患者さまへの適切な診断治療、トータルケアの知識の提供はもちろん、他医療機関からの診断依頼の受け付けを行っております。
これからも患者さまの快適な生活をサポートするとともに、窓口となる一次診療の動物病院から、三次診療をになう大学病院まで、垣根なしにスムーズに最良の医療を受けられるよう協力しながら、地域全体が安心して動物たちと暮らせる環境となるようお役に立てるよう努力していきます。

日本皮膚科学会北海道地区オーガナイザーの仕事を通じ、学会等による知識技術の紹介を行い、北海道地域全体の皮膚科診療のレベルアップに微力ながら貢献しようとかんがえています。
また外科分野では股関節疾患診断法の一つPENNHIPの国際認定医資格の取得しております。
これからも患者様の快適な生活をサポートするとともに、窓口となる一次診療の動物病院から、三次診療をになう大学病院まで垣根無しにスムーズに最良の医療を受けられるよう協力しながら、地域全体が安心して動物達と暮らせる環境となるようお役にてたてるよう努力していきます。

人間であるわれわれ獣医師が、動物たちを診察するためには自ずと限界があるのかもしれません。その中で、各々異なる動物たちの状態を見極め、少しでも相応しい医療を提供するべく、知識、経験といったソフトの部分はもちろんのこと、機器、設備のハードの部分も含めて、よりよい医療を提供するべく考えておりますl.
特定の診療科目(皮膚科)では、二次診療病院として機能できるよう、他院からの紹介を受け入れる態勢を取っています。ハードの面ではどの場所でも動物たちが快適に過ごせるよう、2015年12月に設備を充実させた新病院をオープン。
全館床暖房の完備、自然光を充分に取り込める犬猫を分けた入院施設、大型犬用の入院舎。また、健康な動物たちのホテル舎を設置し、最新のICU設備、レーザーメス、電気メス、ベンチレーション装置、デジタルレントゲン(DR)などを備え、ストレスのかかる時間をなるべく少なく出来るよう、これまで以上に心がけています。

営業時間

時間
9:30~12:30
16:30~19:30
10:00~15:00

定休日:事情により臨時休診の場合があります。 ※受付は診療時間修了の15分前までとなります。

院長:志尾 大一

平成元年3月 酪農学園大学獣医学科修士課程終了後、7年の臨床経験を横浜・札幌で各々勤務し、平成7年5月、平岸にMAUペットクリニックを開院。
開院20週年の節目となる2015年12月に設備を充実させ、拡張した新病院をオープンしました。
地域の一時診療をになうジェネラリストとして診療にあたっています

詳細情報

対応する動物の種類

  • 小動物
  • フェレット
  • うさぎ
  • ハムスター

MAUペットクリニック

062-0936
住所
北海道札幌市豊平区平岸6条14丁目1-2
tel
011-822-2211 電話をかける
HP
http://mau-pet-clinic.com/
QRcode

スマホで見る!

QRコードを読み取るとスマホでもご利用いただけます。

発行媒体

上へ